サロン設立に当たってのメッセージ

 

サロン代表:豊田美穂子の七転び八起き物語!

 
私は、千葉県出身、千葉育ちです。
 
3つ年下の妹がいます。
 
小さい時から犬を飼っている環境で、根っからの犬好きです。
 
隣り近所は男の子ばかりだったので、遊びも虫取り、木登りなど負けずにこなしてました。
 
唯一女の子らしくあったのがエレクトーンを10年習っていたこと。
 
高校まではバレーボールに明け暮れ、勉強は全く奮わずスポコン世代ということもあって、脳みそも筋肉かと言う位、筋金入りの体育会系女子で、
 
特に高校3年間は刈上げショートヘアで、スカートから見える足も筋肉質でファッションブランドよりスポーツブランドの方が詳しかったです。
 
強い不屈の精神はこの頃養いました。
 

 
 

社会に出てバスガイドといういよいよ女性らしく生きる機会が持てましたが、一見華やかだけども、思いの外重労働で水面下では体育会系精神は必須でした。
 
でも、日本という国の歴史や美しさ、宝というべき産物を深く見聞きできたという貴重な経験を得ることができました。
 
それぞれのストーリーを知れば知るほど、癒されたり考えさせられたり、毎日が刺激の連続で。
 
それをより多くの方に伝えていきたい、感動させたいという気持ちから話術や民謡など時間を惜しまず訓練しました。
 
心に残る旅、時間を全力で提供でき、喜びを得られたことは今の私の自信財産でもあります。

 
引退してからもその探究心は衰えることなく、かつての筋肉脳みそはウンチク・雑学の宝庫と化し、いつしかそれが豊田美穂子という人間の大きな特徴ともなったのです。
 
不屈の精神、好奇心旺盛な性分がシングルマザーという道を選んで、良いのか、悪いのか、一概に答えは出せませんが、必ずしや自分にも、家族にも
 
決して後悔のない人生を送りたい!送って見せる!とどんな苦難が押し寄せてきても、立ち向かい続けています。
 

 

 

Glanseができるまで

 
私は結婚して、わずか3年のうちに2児出産、別居、離婚とだいぶ忙しい年月を経て、10数年シングルマザーとして、幼い二人の乗組員と共に漕ぎ出した船を今も漕ぎ続けています。
 
シングルマザーという航海は、若いうちは体力的にも多少の無理も利き、少々の荒波は何とか乗り越えて来れました。
 
しかし、三十路も終盤なると、気持ちはあっても、身体が、逆に身体は健康だけども気持ちが、と徐々に舵のバランスが崩れ始め、
 
漕いでも漕いでも前へ進まなくなり、焦るばかりで生きていくことへの疲れや不安を隠しきれなくなっていました。
 
そのうち笑いも無くなり、涙さえ出なくなって。
 
このままだと、沈没するのも時間の問題、幼い乗組員はあっという間に大きくなり完全にこの船は積載オーバーでした。
 

 
自業自得と笑う人もいました。
 
逆に励ましの気遣いや子供達へのお心遣いを頂いたりと応援してくださる人もいました。
 
そのお気持ちが本当に嬉しくて、ありがたくて、唯一の支えでもありました。
 
いつか必ずその恩返しがしたい、その力をつけたい、でも私にいったい何が出きるだろうか、と模索してる時に、「何か身体資本で出来るものが良いなぁ。」と的を絞っていきました。
 
体を動かす事は得意な分野でもあったので。
 
かといってダンスは経験ないし、習得に時間もかかりそうだし、提供範囲も限りがある。
 
「誰にでも気軽に行なえて、身近で互いの健康促進になるものがいいなぁ・・・」と思いついたのがヨガやマッサージ師でした。
 

もともとヨガには興味をもっていて、スポーツクラブなどで運動不足解消程度に時々行なってましたが、
 
でも、私は決してお世辞でも身体が柔らかいとはいえない鋼鉄ボディで、インストラクターになるにはかなりの努力が必要と感じつつも学校選びを始めました。
 
ヨガといっても色々あるなぁと調べてるうちに、「ハーブヨガ」という聞きなれない見出しが目に飛び込んできました。
 
そこには講師の方の様々な思いやストーリー、目指していることがギッシリ綴られていて、
 
読めば読むほど私には共感することばかりで驚きました。
 
「私が求めていたのはこれだ!」と思ったのです。
 
しかも身体が硬くても出来る!というありがたい魅力も決め手の1つでした。
 
早速受講し、自分と向き合う時間の大切さ、家族やパートナーとの明るい未来、歳を重ねても健康かつ、女性らしさを追求しながら、それを与える側に変わっていくことを学び、自分を見つめるという究極の癒しによって、受講を終える頃にはこんな私でも、航海を続けていく強靭な生命力を得ることが出来ました。
 
体の不調も整い、今まで「子供達が成人するまでの辛抱だ」と呪文のように自分に言い聞かせ、守りにばかり入った生き方でしたが、ようやく殻から飛び出すことができました。
 

この際マッサージ師の資格取得もしてしまおう!と勢いに身を任せ挑み、
 
その中でも「タイ」「ハーブ」「ヨガ」と共通の要素をもつことからタイ古式マッサージとそのトレーナーの資格を取得しました。
 
この生命力でお世話になった方々それぞれのストーリーがより輝きを増して行くためのエネルギー源となり、力添えしていく事で恩返しさせて頂きたい!訪れたすべての方々のストーリーの輝きの源であり続けたい!という準備はできました。
 
でも、どこかに雇用されているとせっかく得た生命力が発揮しきれない、制限の中でしか出来ない、今後の家族の人生設計も踏まえたら、と考えた末、清水寺の大舞台から飛び降りるような気持ちを抱きながらも、一念発起して自分のサロンをつくちゃおう!となったのです。
 
それを知った私の周りの人間はそれはそれは驚いてます。
 
また、このサロンならではの企画の1つとして、タイ古式マッサージスクールにシングルマザー応援企画を発足します。
 
名付けて「輝け!シングルマザー!」(年末の歌番組みたいですが・・・)
 
私はこれを行ないたくて、トレーナーの資格まで取得したのです。
 

 
「どうせ働き続けるなら技術職で身を立てたい」
「マッサージ師は興味あっても資格取得は高くて・・・」
「自身の運動力も鍛えられる職種に就きたい」
「自分にそんなに費用をかけられない」など、
 
願望はあっても、実行に移すにはシングルマザーにはとてもハイリスク
 
私自身がそうでしたから。
 
大きな声では言えないけど、やっぱり経済的不安は付きまといます。
 
そんな弊害を少しでも軽減するために、夢を叶えたシングルマザーの使命と思って全力で支援させて頂きます。
 
 

私がGlanseを通して伝えたいこと

 
文明の進化により生活が便利・豊かになった反面、ひと昔前なら普段の生活の営みの中で充分身体を動かす機会があった。
 
現在の生活では、身体を動かす機会は自らの意思で求める必要があって、私はそれを担うための時間と空間を提供していきたいです。
 

]身体の健康は心の健康にも繋がる。ハーブの効果は心の豊かさ、精神の安定に効果があるのは知識の上では知られていても得るきっかけや場所はまだまだ少ないのが現状です。
 
特にハーブヨガには人生を変えてしまう程の底知れぬパワーがあることも。
 
多用な生活環境の中、少なからず心身に疲労や痛みを抱えている人も多い。医師の診断を仰ぐまでもない、病のようで病ではない、慢性疾患の若年化の予防に伝統療法と自然療法をもっと身近に、より多くの人々に広めて行きたいと思います。
 
そして、身体の健康を通じて心の健康も改善し、パートナーシップ、ファミリーシップに多いに役立てていけるものと確信しています。

 
 
LINEでお問い合わせ
  友だち追加数
 
 
 
 
 
 
 
ウェブ予約はコチラから
 
タイ古式マッサージナビ