タイ古式マッサージとは?

タイ古式マッサージは、現在のタイ王国が位置するエリアで伝承的に伝わった伝統医学であり、代替医療、予防医学としての実績を持つ東洋医学です!

 
タイ古式マッサージは、センと呼ばれるエネルギーラインに沿ってツボを押すことで、エネルギーの滞りを良くし自然治癒力を高めるタイ伝統の医学療法です。
 
普段使わない筋肉もほぐし、ストレッチする事で体内を調和し内臓の働きを整え老廃物の排泄を促進させます。
 
ヨガ、リフレクソロジー、指圧、エクササイズ、瞑想、ヒーリングアートの6つの要素を持ち、「世界で一番気持ち良いマッサージ」と言われています。
また、通称「ナマケ者のヨガ・二人ヨガ」と言われている通り、運動をしたことがない方でも、ゆっくり関節や筋肉を伸ばしていきます。運動しながらマッサージ!一石二鳥のリラクゼーションです♪
 

元来は子供から親へ、家族の健康ケアに施されたマッサージです。
Glanseのタイ古式マッサージは、北式です。
タイ古式マッサージはアクロバティックな「南式」の印象をお持ちの方が多いのですが、北式(チェンマイ式)は南式(ワットポー式)に比べて、動きも大変穏やかですし、眠ってしまう方もいらっしゃいます。
身体が固い方でも安心して施術を受けて頂けます。
 

タイ古式マッサージの作用

 
血液やリンパの流れをよくし、免疫力をアップ。頭痛・肩こり・生理痛などの症状を楽にする作用があり、自分も健康になるマッサージです。
 
 
タイマッサージの施術効果は現代医学的に証明されています。タイの保健省では、その効果に注目をして、病院内で治療に応用する試みが行われ、
 
頭痛、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、喘息、高血圧、冷え症、便秘、アレルギーなど数十種類の症状に効果があることがわかってきました。
 
これだけの症状に効果があれば、たとえ自覚症状がなくても、多くの人がマッサージを受けに行く理由が理解できます。
 
また、西洋医学では扱えない、予防医学的効果も大きな特徴で、定期的に受けることで、症状が悪化して大病になる前に、病気を改善することも可能なのです。
 

 
ヒーリング効果、癒し効果等の俗に言う気持ちイイ効能は勿論、他のマッサージ法には見られない大きなタイマッサージの特徴ですが、タイ国の保健省が公式に認める効能は、
 
高血圧、冷え性、便秘、アレルギー、頭痛、糖尿病、生理不順、風邪の予防、低血圧、食欲不振、ぜんそく、貧血、老化防止、ストレス解消、など60種類以上にも及ぶものです。
 
そしてタイマッサージは体の凝りや疲れを癒すだけではなく、一時しのぎでもない本物のマッサージ法です。
 
血液やリンパの流れをよくし、免疫力をアップ
 
血液とリンパ液の循環を促すことで根本的な体質の改善を目指す療法です。
 
血液の役割は体内中をめぐり、各部に酸素と栄養分を運搬するものです。
 
リンパ液は体内中をめぐり、体内の老廃物を回収し、途中のリンパ節でろ過することです。
 
タイマッサージとは局所的治療ではなく体全体の血液とリンパ液の流れを良くすることで、体調の改善を図ることが究極の目的なのです。
 

どんな事をするの?

 

タイマッサージは、頭のてっぺんから足のつま先までの、体のあらゆる部分を施術の対象としています。
 
また「二人で行うヨガ」とも呼ばれています。
 
これは、タイ古式マッサージを受けるレシーバーにヨガのポーズをとらせるだけでなく、施術を行うセラピスト自身もヨガのポーズをとりながら施術することを意味しています。
 
つまり、これは受ける人だけでなく、行う側の人も健康的になれるということにつながります。
 
そしてその技術は、指圧・マッサージとストレッチ、そして矯正の三つの部門に分けられます。
 
指圧・マッサージで凝った筋肉をよくほぐし、ストレッチでその緩んだ筋肉を十分にのばし、最後に矯正で体の歪みを整えるという、
 
現代医学に照らし合わせてみても、理想的な施術体系を持っています。
 
また、タイマッサージを受けている時、脳内はアルファー波で満たされ、半覚半眠の状態にあり、非常にリラックスした気分を味わえます。
 
この精神を安定させ、心をリラックスさせる鎮静作用も大きな特徴のひとつです。
 
決して力まかせに押すのではなく、何も考えずにゆったりと施術を行うものです。
 
 

施術は足から始めます。

 

初めてタイ古式マッサージを体験した日本人の共通の疑問は、足の部分にかけるマッサージ時間が半分以上あって、肩や腰の部分のマッサージがやけにおざなりな感じを受けることではないかと思います。

 
これには訳があって、先に述べた「セン」の内、最重要な10本の「セン」の6本までが足(足
裏~足の付け根)に集中しているため、
 

通常、タイ古式マッサージでは足の部分からスタートすることになるのです。 
 

SENの概略図(出典:タイマッサージ百科事典)

 
肩が凝っているから肩を揉む。あるいは腰痛だから腰部分を特にマッサージするという考えはタイ古式マッサージにはありません。
 
下肢に対する治療が7割強を占めるタイマッサージでは、足にある6本のエネルギーラインを中心として施術を行うことになるのです。
 

 

日本の指圧との違い

 

タイ古式マッサージは体質を根本から改善しようと言う考えに基づいていることです。
 
自律神経やストレスなど全てのツボが足の部分に集中していることは科学的にも証明されており、最近のリフレクソロジーのブームはその効果に着目したものと言えるでしょう。
 
タイマッサージで肩こりの治療には手首や手指の付け根周辺を押し揉みしますが、このことからも分かるようにタイマッサージとは患部を直接治療するのではなく、
 
人体を全体で捉えた東洋医学思想に裏打ちされた治療法なのです。 
 
 

仏教のあやかりで魂を解放する!

 
タイマッサージの最大の特徴は、マッサージをする側も、される側も「無我の境地」に近づくことです。

 

医学の師・タイマッサージの創始者
Dr.シバゴ像

マッサージを始める前には、「オナモ」というマントラを唱え、こ
れから良いマッサージができるようにお祈りをし、Shivago Komarpaj(シバゴ コマラパ)
師に感謝の気持ちをあらわします。  
 
 
そして、マッサージ中は、自分と相手の呼吸に注意を払い、体の一部を圧す時やストレッチをする時は、ゆっくりと吐く息にタイミングを合わせるようにします。
 
この深くて長い、吐く息が中心の呼吸は「アナパーナ・サティ」と呼ばれ、この呼吸法を繰り返し行うことにより、副交感神経が優位になり、マッサージをする側もされる側も「深い静寂の状態」に近づくことができます。
 
これこそが、仏教の影響を受けたタイマッサージの最終的な目標なのです。
 

 

 

「ヌアボーラン」って?

タイ古式マッサージは、タイ語で「ヌアボーラン」と言います。
 
これは、マッサージするという意味の「ヌアット」と古式、伝統的という意味の「ボーラン」が合わせられ、
 
「ヌアット・ボーラン」となり、耳に聞こえる音としては「ヌアボーラン」となっているわけです。
 
 

タイ古式マッサージとは?

タイ古式マッサージは、現在のタイ王国が位置するエリアで伝承的に伝わった伝統医学であり、代替医療、予防医学としての実績を持つ東洋医学です!

 
タイ古式マッサージは、センと呼ばれるエネルギーラインに沿ってツボを押すことで、エネルギーの滞りを良くし自然治癒力を高めるタイ伝統の医学療法です。
 
普段使わない筋肉もほぐし、ストレッチする事で体内を調和し内臓の働きを整え老廃物の排泄を促進させます。
 
ヨガ、リフレクソロジー、指圧、エクササイズ、瞑想、ヒーリングアートの6つの要素を持ち、「世界で一番気持ち良いマッサージ」と言われています。
また、通称「ナマケ者のヨガ・二人ヨガ」と言われている通り、運動をしたことがない方でも、ゆっくり関節や筋肉を伸ばしていきます。運動しながらマッサージ!一石二鳥のリラクゼーションです♪
 
 
 

元来は子供から親へ、家族の健康ケアに施されたマッサージです。

Glanseのタイ古式マッサージは、北式です。
タイ古式マッサージはアクロバティックな「南式」の印象をお持ちの方が多いのですが、北式(チェンマイ式)は南式(ワットポー式)に比べて、動きも大変穏やかですし、眠ってしまう方もいらっしゃいます。
身体が固い方でも安心して施術を受けて頂けます。
 

タイ古式マッサージの作用

 
血液やリンパの流れをよくし、免疫力をアップ。頭痛・肩こり・生理痛などの症状を楽にする作用があり、自分も健康になるマッサージです。
 
 
タイマッサージの施術効果は現代医学的に証明されています。タイの保健省では、その効果に注目をして、病院内で治療に応用する試みが行われ、
 
頭痛、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、喘息、高血圧、冷え症、便秘、アレルギーなど数十種類の症状に効果があることがわかってきました。
 
これだけの症状に効果があれば、たとえ自覚症状がなくても、多くの人がマッサージを受けに行く理由が理解できます。
 
また、西洋医学では扱えない、予防医学的効果も大きな特徴で、定期的に受けることで、症状が悪化して大病になる前に、病気を改善することも可能なのです。
 

 
ヒーリング効果、癒し効果等の俗に言う気持ちイイ効能は勿論、他のマッサージ法には見られない大きなタイマッサージの特徴ですが、タイ国の保健省が公式に認める効能は、
 
高血圧、冷え性、便秘、アレルギー、頭痛、糖尿病、生理不順、風邪の予防、低血圧、食欲不振、ぜんそく、貧血、老化防止、ストレス解消、など60種類以上にも及ぶものです。
 
そしてタイマッサージは体の凝りや疲れを癒すだけではなく、一時しのぎでもない本物のマッサージ法です。
 
血液やリンパの流れをよくし、免疫力をアップ
 
血液とリンパ液の循環を促すことで根本的な体質の改善を目指す療法です。
 
血液の役割は体内中をめぐり、各部に酸素と栄養分を運搬するものです。
 
リンパ液は体内中をめぐり、体内の老廃物を回収し、途中のリンパ節でろ過することです。
 
タイマッサージとは局所的治療ではなく体全体の血液とリンパ液の流れを良くすることで、体調の改善を図ることが究極の目的なのです。
 

どんな事をするの?

 

タイマッサージは、頭のてっぺんから足のつま先までの、体のあらゆる部分を施術の対象としています。
 
また「二人で行うヨガ」とも呼ばれています。
 
これは、タイ古式マッサージを受けるレシーバーにヨガのポーズをとらせるだけでなく、施術を行うセラピスト自身もヨガのポーズをとりながら施術することを意味しています。
 
つまり、これは受ける人だけでなく、行う側の人も健康的になれるということにつながります。
 
そしてその技術は、指圧・マッサージとストレッチ、そして矯正の三つの部門に分けられます。
 
指圧・マッサージで凝った筋肉をよくほぐし、ストレッチでその緩んだ筋肉を十分にのばし、最後に矯正で体の歪みを整えるという、
 
現代医学に照らし合わせてみても、理想的な施術体系を持っています。
 
また、タイマッサージを受けている時、脳内はアルファー波で満たされ、半覚半眠の状態にあり、非常にリラックスした気分を味わえます。
 
この精神を安定させ、心をリラックスさせる鎮静作用も大きな特徴のひとつです。
 
決して力まかせに押すのではなく、何も考えずにゆったりと施術を行うものです。
 
 

施術は足から始めます。

 

初めてタイ古式マッサージを体験した日本人の共通の疑問は、足の部分にかけるマッサージ時間が半分以上あって、肩や腰の部分のマッサージがやけにおざなりな感じを受けることではないかと思います。

 
これには訳があって、先に述べた「セン」の内、最重要な10本の「セン」の6本までが足(足
裏~足の付け根)に集中しているため、
 

通常、タイ古式マッサージでは足の部分からスタートすることになるのです。 
 

SENの概略図(出典:タイマッサージ百科事典)

 
肩が凝っているから肩を揉む。あるいは腰痛だから腰部分を特にマッサージするという考えはタイ古式マッサージにはありません。
 
下肢に対する治療が7割強を占めるタイマッサージでは、足にある6本のエネルギーラインを中心として施術を行うことになるのです。
 
 

 

日本の指圧との違い

 
 

タイ古式マッサージは 体質を根本から改善しようと言う考えに基づいていることです。

 
自律神経やストレスなど全てのツボが足の部分に集中していることは科学的にも証明されており、最近のリフレクソロジーのブームはその効果に着目したものと言えるでしょう。
 
タイマッサージで肩こりの治療には手首や手指の付け根周辺を押し揉みしますが、このことからも分かるようにタイマッサージとは患部を直接治療するのではなく、
 
人体を全体で捉えた東洋医学思想に裏打ちされた治療法なのです。 
 
 

仏教のあやかりで魂を解放する!

 
タイマッサージの最大の特徴は、マッサージをする側も、される側も「無我の境地」に近づくことです。
 

医学の師・タイマッサージの創始者
Dr.シバゴ像

マッサージを始める前には、「オナモ」というマントラを唱え、こ
れから良いマッサージができるようにお祈りをし、Shivago Komarpaj(シバゴ コマラパ)
師に感謝の気持ちをあらわします。  
 
 
そして、マッサージ中は、自分と相手の呼吸に注意を払い、体の一部を圧す時やストレッチをする時は、ゆっくりと吐く息にタイミングを合わせるようにします。
 
この深くて長い、吐く息が中心の呼吸は「アナパーナ・サティ」と呼ばれ、この呼吸法を繰り返し行うことにより、副交感神経が優位になり、マッサージをする側もされる側も「深い静寂の状態」に近づくことができます。
 
これこそが、仏教の影響を受けたタイマッサージの最終的な目標なのです。
 
 

 

「ヌアボーラン」って?

タイ古式マッサージは、タイ語で「ヌアボーラン」と言います。
 
これは、マッサージするという意味の「ヌアット」と古式、伝統的という意味の「ボーラン」が合わせられ、
 
「ヌアット・ボーラン」となり、耳に聞こえる音としては「ヌアボーラン」となっているわけです。
 
 

 

 
 

 
 
LINEでお問い合わせ
  友だち追加数
 
 
 
 
 
 
 
ウェブ予約はコチラから
 
タイ古式マッサージナビ